VSコートジボワール戦

2020年10月29日

勝っちゃいました。

勝てば官軍ですから良かったんですが・・・・・・内容的にはひどい試合でした。

オランダ遠征が始まる前から、久保南野堂安、鎌田、原口らのトップ下への期待は高かった。でも2試合通して、2列目の選手がまともに攻撃に絡んだのは何回あるんだろうか。この2試合で森保監督は、まず失点しないことに徹底し、超守備的に戦った。そのため、久保を含めて全員が守備に追われて、本来の自分の仕事をする場を与えてもらえなかった。

10年前に戻った…より攻撃に比重を/セルジオ越後(2020/10/29リンク切れ)

攻撃面では最後の局面の精度に課題が残った。

金田喜稔が斬る!「“弱点”になり得る久保は先発で使いづらい。序列が逆転したポジションが…」

先発した久保にはもう少しやってほしかったという印象だ。

金田喜稔が斬る!「“弱点”になり得る久保は先発で使いづらい。序列が逆転したポジションが…」

こういった文章が出ていたので、今回の試合については、マスコミも持ち上げることなく、しっかりした報道をしてくれている部分も見えたので、少し安心。

チャンスこそ演出したものの、放ったシュートは前半2分の一本だけに終わった。コートジボワール戦の[4-2-3-1]システムならば、2列目のどのポジションでもプレーできる久保だが、最も得意とするのは右で、次いでトップ下、左に関しては実は最も不得手としている。

なぜコートジボワール戦で先発抜擢を受けた久保建英は機能しなかったのか?

だけど、どんだけ久保は持ち上げておきたいんだっていう記事も、まだ見られて、げんなり。

なぜ機能しなかったかって・・・・・

シャアの「坊やだからさ」というセリフは、どういう状況で言ったのですか? -... - Yahoo!知恵袋

であって、得意なポジションじゃないからなんて、所詮まだ・・・・そうまだその程度ってこと。

やはり、久保の良さが出るのは右サイドだと思う。ただ、純也も堂安もいるし、どこで出てもチャンスを活かさないといけない。とくに、守備やフィジカルという面では弱点になっているわけだから、攻撃で違いを作り出してくれないと、スタメンでは使いにくくなってしまう。

金田喜稔が斬る!「“弱点”になり得る久保は先発で使いづらい。序列が逆転したポジションが…」

とか

プレースタイルから、久保は中央の位置でレギュラーを取った方がいい。しかし今の彼には、そこで耐えられるほどの力はない。ボールを持つと、後ろからも横からも前からも相手が寄ってくる。あっという間に囲まれて困ってしまうだろう。それなら、サイドラインを背に、後ろからのプレッシャーを排除してからドリブルを仕掛けた方が、より威力を増すだろうね。

久保よ結果を「次につながる」はダメ/セルジオ越後

っていう通りになっていた。

まあ久保に対しては期待値が高すぎるから、こういう風に(耐えられるほどの力はない!)言われるわけだけど、ほとんどの中盤の選手は、コートジボワールの圧力に耐えられていた選手はいなかった。

結果、中盤で、だだ取られ状態。

日本・コロンビア>前半、相手に囲まれる中島。後ろはロドリゲス(撮影・大塚 徹)― スポニチ Sponichi Annex サッカー

いくら守備で頑張ったり、DF陣が良かったりしても、中盤でだだ取られ状態だから、試合がつまらない。
中盤で取られれば、FWが活躍できるチャンスは更に少なくなる。

ワールドカップ本大会での戦いみたいだった。
積極的に勝ちに行こうと言う戦いではなかった。
点が奇跡的に入ったからよかったのだが、点が入らなかったら・・・・・まあ何も変わらないのかな。

なんだかなあ。

※植田選手は、A代表初得点だから、奇跡的としか言いようがない。今後もあのヘッドへの入り方が毎回できるようなら、奇跡ではないのだが・・・・・

サッカー

Posted by ymo